TETSUHIKO

趣味の音楽など。作曲サークルGoove Factory Smoozie でも活動中!http://smoozie.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

落ち着いて3

うーむ、一度きいたらハマるなあ




クリスボッティ





やっぱり安西さんは素晴らしいと思う。




スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 17:20:40|
  2. youtube
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

落ち着いて

日本の歌物でAORチックな曲中心にでも。
自分は大好きな曲ばかり。
いかが?




角松敏生

16のHH刻み続けるのは大変じゃw?
自分の大好きなアーティストです。



サザンオールスターズ

昔、茅ヶ崎のライブ映像が上がってたんだけどなあ・・・
今はねえなあ・・・



大滝詠一

このピアノ、たしか安西史孝氏だった気が。
いいリズム感のピアノですよね。



竹内まりや




大貫妙子

この声色はすばらしい
編曲、ドラムスに坂本龍一教授が参加しているのだ。


荒井由実

内容まもちろん、このピアノのイントロのヴォイシングきれいだよね。






ああ、こういう曲が日本のスタンダードにならないかなあ・・・
なんてね。

同志いませんか??www
  1. 2011/07/30(土) 16:39:38|
  2. youtube
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャズドラム持論①

おす。


今日はドラムの話でもしてみようと思う。

僕は元々ドラムを叩くなんて思っても見なかった。
ピアノは3歳から触っていたから作曲では主にキーボード、小学校からマーチングバンドでトランペットやっていたからジャズ研ではトランペットだと。


では、なぜ僕がドラムを演奏するのだろうか?


それは、大学1年の秋の終わりごろである。
ジャズ研のドラマーがサークルに現れず、コード楽器とベースだけだった。
僕らははじめ、ドラム抜きでやっていたのだけれども、やっぱり盛り上がらないとい。

だから、誰か4ビートで良いからドラム叩けよ。ってな具合になり、みんな少しばかり見よう見まねでドラムの4ビートのリズムを叩くけどすぐ狂う。
やっぱり聞きなれてないし慣れてないか仕方ない。
んで、自分も叩いてみた。
はじめは自分もやっぱり狂う。
でも、ちょっとやってみるとこれが楽しい。音は体に響いてで気持ちいいし体動かすからいい汗でるなぁ~と。
(叩きすぎだろ・・・)


で、ちょっとコツをつかめば後は無意識に基本的な4ビートはできるようになって、そのまま叩いて今に至るw



独学ではじめたドラムだから参考になるかわからないけど、自分のルールを少しばかりまとめてみようとおもう。



①リズムキープはベースにある
 ベースはジャズのリズムキーパーで、グルーブ発生機である。
 したがって、ベースのスキルがあればドラムはベースのグルーブに干渉してはいけない
 ベースのスキルや、曲調によっては例外有り。 


②ドラムは盛り上げ役
 ドラムの意義として、ダイナミクスの可能性が高いのを利用しておかずを入れることを考える。
 また、音を出すのは盛り上がるときや空いた空間に埋めることもよい。
 

③ドラムソロ以外でドラムはフロントより前に出てはいけない。
 一番大きいのはボリュームの問題。これは難しいけれども、意識しないと他の楽器をつぶしてしまう。
 なによりも他のプレーヤーがいらいらするので演奏後の人間関係が悪くなる・・・

④シンバルと皮もの
 音のインパクトさはシンバルが特に高い。
 したがって、シンバルばかり叩くとヤマが表現しにくくなるので気をつけたい。

⑤リズムのイントネーション
 同じフレーズを叩くとしてもどこにどういったイントネーションをするかでかなり変わる

⑥フロント楽器を知る
 フロント楽器をやると、ドラムに求めるものがわかる。
 バンドメンバーみんなのテンションを上げるには、周りが何を求めているのかを考える。

⑦メンバーとして
 バンドメンバーの一人として、バッキングのアプローチも同調できるようにする。

⑧基本的なビートは無意識に
 基本となるビートを無意識にできることでネタを考えることができる。



ここからは自分にとっての課題。
みんなでいろいろと意見を言い合って自分の納得できる答えに消化したいです。

①4ビートのライドシンバルの取るリズムは同じである必要はあるのか?
 その曲のなかで自分の思う④ビートから派生したリズムを、無意識であてていいのでは?

②自分が聞く音色と周りが聞く音色は異なる。
 しかし、自分がとにかく叩いていて楽しいようなセッティングにすべきでは?

③ハイハットで2,4とるのはダサくないか?

④自分がリズムを敢えてブレークさせるのもひとつの手では?

どうでしょうか?
  1. 2011/07/28(木) 21:58:20|
  2. 音楽機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ち着いて

音楽はもりあがるのもいいけど、日常のBGMとしての存在でも大きい。


ゆっくり聴きたい音楽・・・




ローランド臭丸出しのレトロなリズムシーケンスに浮遊感のあるシンセの音がいいよね。







このひずんだ重厚なリズムに不安感をあおるシンセの音がすばらしいよね。
同じフレーズの繰り返しなのにもう何度聞いても飽きない。









JAZZ トランペッターのクリスボッティー
シックなサウンドで落ち着いた時に聞きたいよね。




  1. 2011/07/22(金) 02:43:02|
  2. youtube
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

思うに・・・

AKB48とか、もともとオタク文化サイドのものだと思うのだ。


でも、TVなどのメディアで宣伝された結果、いまや言えば国民的アイドルとなってる。

要はイメージ戦略でどうにでもなるんじゃない?


イメージって重要だよね。

以前、とある社長が「成功率20%でも、周りから打率100%のように見えるもの」

と言っていたのを思い出した。


じゃあ俺も真似しよ。作曲者として。

あたかも、自分じゃなきゃこの世界を作れない!こんなにすごい曲なんだよ!と言う。

そしたら、そうなのかもなって思って、tetsuhikoは何かすごい作曲者に違いない!と思わせることできるんじゃ?


でもなあ・・・それをスタンスを貫くのは自分じゃ難しいかな・・・

正直な気持ちじゃないと「自分が納得できない」。


趣味なんだから正直な気持ちで挑みたいよね。

でも、みんながいい曲だねって言ってくれるのは本当にうれしい。

それをイメージ作らせて言わせやすくできるのならば、それも一考だよね。


とくに目新しいとは思えないヒットチャートに入る音楽・・・

2流メーカーにつくりのよさで負ける安い労働賃金で作られたブランド品・・・


やり方しだいで支持は得られそう
  1. 2011/07/22(金) 00:41:39|
  2. 考え方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと暗めの

たまには音楽の紹介でも


まずは安西史孝氏



氏はうる星やつらのBGMなど、多くのマニアックなサウンドを手がけており、音楽誌にも記事を多く持っている。
音作りに関するコラムは非常にマニアックで勉強になる。





しかし、あまりにマニアックでついていけないことが多々ある。

コードの流麗さが好きです。








シンセサイザーの音色はこんなになめらかで優しい音も出せるのだと思う。





85年の大阪万博(オレ生まれてねえ・・・)
様々なシンセサイザーの音色が伺える。
このころの音はエッジが固くなくていいなあ。



とりわけメロトロン率高しで、安西氏の作品でメロトロンの音色の素晴らしさを学んだ。
メロトロンは音源がそれぞれの音階の音が入ったテープなのだ。
鍵盤を押すとそのテープが再生されて音がなるという仕組み。
なんというアナログなんだろうww
しかし、それによって発生するそれぞれのテープの伸び等によるピッチのズレや音の劣化がかえってその独特な音色の表現を可能にしている。







ジョーダンルーデスの新しく発売されたメロトロンのでDEMO





  1. 2011/07/21(木) 09:22:44|
  2. youtube
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学祭も終わり・・・

あー。論文まだ読んでねー。今日は1時間も寝れねーぞ(キリッ
マジ忙しいわー。(ただのアホ


ということで、今年も大学祭終わったそう。
正直行きたかった。行って、なにより応援したかったなぁ〜。

残念ながらちょうど研究室の都合が重なってしまい、休むことが不可能だった・・・切ない。


しかし、ありがたい事に作曲サークルのメンバーからライブ音源を頂き、昨日聞いてた。
(ジャズ研も後日くれるそうで、楽しみであるwww)


いつものサークルのノリがそこにはあって、いいなあなんて思った。
ひとりでシコシコ曲作るのもたのしいけど、バンドとかユニット作ってあーだこーだでやるのも楽しいよなあ。


固定のバンドとかユニットを長いこと作ったことが無いので憧れる今日この頃。


みなさん。お疲れさまでした。

やべぇ・・・眠たすぎる。
とりあえず研究室から出よう。
  1. 2011/07/20(水) 02:43:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学入学してから最初の大学祭

浪人して入った大学だからこそ、大学に入学できたことの当時の嬉しさは今でも覚えている。


大学に入学して3ヶ月後に最初の大学祭があった。


大学祭の主催者は主に寮生によって構成されており、スタッフも仲がいいからか、毎年一番盛り上がる大学祭である。



僕は大学に入学してJAZZ研究会と作曲サークルに所属していたんだけれど、JAZZ研の方はいろいろ運営においてメンバーがもめており、重なる運営の不手際により参加できずwwww作曲サークルのみでライブをした。



当時DTMメインでバンド志向でなかった僕は打ち込みのトラックを作成し、ギターを演奏し、友達には即席でキーボードをやらせたんだっけwww


しかも新人だから必然的に1番手。
バンド数が当時多かったから朝10時くらいに本番だったなww


今でもそうだけど、決して自慢できる曲でもなく、パフォーマンスもど下手な僕だけど、サークルの先輩は温かい声援で場を盛り上げてくれた。


その時サークルの良さを感じた。


同じ趣味をもつ仲間で集まって、いいアイデアはないかとサークルの活動日に談義し、活動後もご飯食べながらも談義する。
(時には飲みに発展するw)

そして、みんなで祭りというイベントに向かって努力し、その努力を(多少の価値観の差はあれ)互いに認めて応援する。
そこにお客さん聴きに来てくれる。

そんななか演奏する。


最高の環境・・・楽しくないわけがない


大学生が全体として盛り上がるチャンスなんてなかなか無い。



なんのためにサークルはいってるよ?



せっかくサークルに入っているのだからみんなで盛り上がって欲しい。




そこで思い出したくもない黒歴史が生まれたとしても、
きっと忘れられない思い出になるに違いないwww





今年もそろそろ大学祭の時期。
後輩には楽しんでほしいなあ~

gita.jpg


嗚呼、連日学会だー。
頑張ろう。
  1. 2011/07/13(水) 12:49:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZをやりたいと思った最初のアルバム

自分が小さいころ、父がJAZZをよく流していたんだけど、なにも魅力に感じなかった。


ロリンズのコロッサスの一曲目、あのテーマが始まると「ぷぷぷwwwダサすぎる」と親にのたまう少年だったwww


リズムがわかりにくいし、インテリなにおいがするし、何よりどこを聞いたら良いのかまったくわからなかった。


そんな自分が何を思ったか高校のとき、手に取った1枚のCDがあった。


チェット・ベイカーの最晩年のアルバム「Albert's House」






1聴すると、何だこれは!と思うような擦れたサウンドに時々失敗するアタック。
今一般的に流通しているジャズのサウンドとは程遠い気がする・・・




しかし、当時の自分にとってそれこそが芸術に感じた。

こすれたノイジーな音色は暖かく、やさしさがある。
そしてそのノイズが逆に僕の耳を飽きさせることがない。

音域こそ狭いけど、その中でもメロディアスにアドリブをこなしていく。


こんなにキャッチーでやさしいサウンドは今でもまだ出会ったことが無い。






このアルバムだけを見ればYOUTUBEの再生回数見ればわかるけどどれだけマイナーなんだとw

チェットベイカー自身は超有名での最盛期はあのマイルスよりも実は人気があったほどなのに・・・


しかし、僕はこのやさしくてどこか悟った彼の晩年のプレイが好きなのだ。






今でも休日の午前中は高い確率でこの曲流してごろごろしてたりするw




このCDが良いと思ってくれる人がいたら、その人とはおいしいお酒が飲めそうww
  1. 2011/07/12(火) 01:01:18|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パワーディストリビューター

パワーディストリビューターは電気に含まれる不要なノイズを取り除き、安定した電気を供給することができる。



製品: AV-P25RmkII | TASCAM
AV-P25RmkII



僕はコンセント差し込み口が多いものを購入したけど(中古で安かったし)、普通ならもっと少なくて安いものがある。

FURMAN ( ファーマン )のSS-6Bなんていかがでしょ。



いろんなところの掲示板では、パワーディストリビューターでアナログシンセ、アナログミキサー、スピーカーにおいてより音がよくなると言われている。
正直、自分のセッティングではわかりませんですた。
若干スピーカーからの音の立ち上がりが早いかなあ。。。なんて感じる気がするけど、プラセボ感半端ねえ・・・


機械も人間と同じように良質な栄養を望んでいるに違いない・・・と考えてみることにした。


電源が不安定だと、機材に負担がかかるので、寿命もどうやら短くなるようだし、ひとつ購入してみては?


なんてね。
  1. 2011/07/10(日) 20:31:15|
  2. 音楽機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学部生時代に・・・MU1000

学部生時代、最も活躍したであろう機材がある・・・


なんとYAMAHAのMU1000だったりする。
mu1000

http://www.yamahasynth.com/jp/products/tone_generators_samplers/mu1000/

無い金はたいて買った自分にとって初のMIDI音源。
MUシリーズの最終形態で、このシリーズは当時のDTM音源の中で上位だった。

高校時代、近くの電気店で売っていたのだけど、当時の自分にはその値段から憧れでしかなかった。
時間があったらその電気店に行ってデモソングを何度も何度も鳴らして聞いていた。
今考えるとかなり頭がおかしい気がする・・・


そんな憧れの機種だけど、浪人時代に別の電気店で展示品処分価格で販売されているのを見て思わず買ってしまった。


この音源はUSBこそついているが、オーディオインターフェースが内蔵されておらず、録音するには外部にオーディオインターフェースを必要とした。

当時、レコーディングしたかった自分はMU1000で作った曲を光出力でMDに録音するというアナログな環境でレコーディングしていたのであった・・・
そして、音源を編集するときはそれをミニジャックで!MDとPCを接続してPCに取り込んでいた。
互いの出力と入力を試行錯誤しながら調節しないと音が割れたりノイズが大きかったりで結構大変だったなあwww


そんなMU1000、内臓音源はYAMAHAらしい元気で軽快な音色だけど、先行モデルのMU128と比較して劇的によくなったと思えるほどリアルな音色とは思えなかった。


しかし、こいつの使えるところは内蔵エフェクターとパフォーマンスモードである。
特に内蔵エフェクターは秀逸で、簡単なギターや外部のシンセサイザー、マイクのエフェクターを搭載してて、意外と使えるレベルのものなのだ。
インプットも2系統までジャックでいけるので、簡単なライブセッティングもこれを経由させて使うことができる優れもの。
さらに言えばグラフィクEQも搭載しててほしくない音をカットしたりもできる。
パフォーマンスモードではプリセットの音色がレイヤーされていたりエフェクトかましてあって、かなり即戦力になる音が多い。
音のヌケはさすがで、この価格帯でもある程度は通る音だと思う。

最近はもっぱらVSTiで作曲ソフト動かしているけど、久しぶりにこの音源立ち上げるとそのわかりやすさに驚く。一般的な音もだいたい網羅されているし、なによりシンプルだから作曲するということに集中できる。

PCだけで曲作るのもいいと思うけど、MU1000みたいな外部音源一発で作曲するのもイイとおもうんだ

昔人間なのかねえ・・・

  1. 2011/07/08(金) 21:50:46|
  2. 音楽機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZやろうぜ!

ジャズは普段なかなか聞く機会がないからどんなものかすら、その実体が分かりにくいのは事実だよね。



いきなり話を聞くよりは、予め分からないなりにも見ると後で頭に入りやすいし、実際に参考になるサイトがあるから、いくらかリンクをはっておく

ジャズ大好き!~初心者向け Jazz 入門~
http://http://miles.jp/
ジャズの名盤を調べたいときとか、その楽器別にアーティストを検索したいときに。


A to Zジャズ入門講座-ジャズの歴史・名盤-
http://www16.ocn.ne.jp/~jbigin/
ジャズの歴史、そのスタイルの変遷、特徴が知りたければ。


netJazzTime(ジャズ・プレーヤー・サイト)
http://homepage2.nifty.com/dangozaka/netjltop.htm

このHPはもう化石か!?と言いたくなるほど昔からある。

ジャズを勉強するには参考になると思う。

特に、右側の初心者救済とか・・・

MIDI(今時!!)もあるし・・・

Takaya’s Jazz Workshop-タカヤのジャズ・ワークショップ
http://www.geocities.jp/smokin_horn/

自分の好きなジャズトランペッターのサイト。

これもかなり古いんだけど、センスを感じるよね・・・

ジャズ理論を学べるんだけど、結構難しい内容だと思うんだけど、その書き味が面白い。

特に、トランペット持論はかなり面白い。(個人的に)

相当参考にしました。

いま研究室なんで、また随時更新するぜ。
  1. 2011/07/07(木) 21:34:02|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憧れの名演奏(ハードプレイ編)

なんと言ってもアート・ブレイキー(dr)率いるジャズ・メッセンジャーのこのチュニジアの夜。
ブレイキーのパワフルなドラムwとネタを仕組んだソロ。
勢いがすごい。
tpソロに入ったところも非常に印象に残る構成だし、イントロのパーカッションも(特に恥ずかしがってるpfがイイwwww)
最後のフロントだけでソロを取ってるけど、あれだけ吹いた後にこれだけ長いと相当緊張しそうだし、疲れそうwww
(ドラムの掛け声も聞こえるwww)

ブレイキーの歯が白いのがワロタ





  1. 2011/07/02(土) 00:58:02|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Tetsuhiko

Author:Tetsuhiko
音楽など趣味を綴っています。
音楽サークル、Groove Factory Smoozie で活動してます!
http://smoozie.web.fc2.com/
宜しくおねがいしますね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
雑談 (2)
JAZZ (4)
音楽機材 (8)
日記 (11)
youtube (6)
考え方 (1)
旅行記 (9)
PC関連 (3)
作曲 (21)
サークル活動 (4)
写真記 (3)
時計 (4)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。