TETSUHIKO

趣味の音楽など。作曲サークルGoove Factory Smoozie でも活動中!http://smoozie.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャズ話





こんにちは。TETSUHIKOです。
最近大型の風邪でひどく困っています。ご飯もろくに食べられません。
いい加減HPが減りすぎてFFで言うところの戦闘時に座り込むような状況です。





ところで、僕はJAZZ研で大したことをした覚えはないけど、やっぱりJAZZをやっててよかったなあと思うことが後に度々在る。
簡単に列挙すると以下のこと。

1、周りの音をよく聞くようになった。
2、多少の融通を利かせられる
3、リズムの感じ方が変わった。


僕のサークルの練習は狭い部屋に密集しての練習だったから特に音が大きいドラムの音は否が応でも気になってしまう。
楽器というのはだいたいどれもメゾフォルテ程度の音量で演奏するのは比較的ラクなんだけど、音を小さくすればするほど難しくなる傾向があると思う。
なぜなら、楽器の出音は抑えつつ、楽器を”鳴らす”必要があるからである。

楽器の特性を楽器のモデル毎に把握する必要がある。
そして、特にドラムの場合はドラム機材全体でのボリュームバランスを気にかけねばならない。
特にシンバルは耳につきやすいからどういう角度でスティックを当ててどの位置に叩くか・・・とか。
そして、皮ものとあわせてどう聞こえるか。
ベースを消してないか。
ピアノは?
フロントは今アドリブの中でどんな状態?
・・・しかし、ドラムの仕事はしているか・・・という感じ。
正直難しい。細かいコントロースはある程度音量出さないと操作性が相当悪くなる。
もっと練習しなきゃね。



でも、こういうことに気をつければ自然とダイナミクスをつけることに長けてくると思うし、その楽器はどう鳴らすとどういう音になってくれるのか、ということを考える癖が出る。




















GRPの演奏より。
素晴らしすぎる。こんなかっちょいいCHEROKEEを聞けたのは幸せすぎる。
一発目のアドリブ奏者アウトゥーロ、サンドヴァルもすごいが
2分4秒からのランディー・ブレッカーのソロ時にみんなで一斉に一気に音がフェードアウトしている。
こんなことは演奏者が周りを聞きまくってないとできない技だ。
多分トランペットがフェードアウトしながら音を下っていったから様子見ようと思ったはず。























リズム感を感じるドラムのアドリブといえばこれ。




わずか1分程度のアドリブだけどものすごい多彩なアプローチが見える。
しかし、かなり盗みにくい。難しくて。



























シンバルの使い方を知るには・・・




手数王の菅沼さんのを見てみよう。
その繊細さとアグレッシブさをうまく使い分けている。
笑っちゃうほどに音色が多彩。
このタイム感。
特に金物の音色をよく聞きたい。
ちなみにラウドネスの故樋口さんの跡にドラマーとしてライブに出ている。
























すごいfour on six




強い演奏者(特にギター)の哲学を感じる。
落とし所にギターシンセでオルガンアサインして鳴らすとか発想が素晴らしい。
しかもくどくないよね。














初め、ジャズやってよかったという話からいつの間にかお気に入りyoutube視聴大会に変わってたwww
許してね。


























たまたま見てしまったこの動画。
ただのオママゴトっぽく映んないんだけど・・・
確かに声は太くないけど意外と聞ける。
この人はもともと才能あったんではないかなあ。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/23(日) 00:00:55|
  2. JAZZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

まさかの植松伸夫御大と・・・

日曜日。
それは研究室の同期の一言から始まった。



「今日ホークス優勝記念セールやってるから言ってみてはどう?」




それまで特にどこかに行く予定などなかったのだけど、ちょっとしたノリで行ってみようと思った。



研究室を出て、天神へと向かう・・・


すると、広場から音楽が聞こえるではないか。





音楽に飢えている僕は「なんだなんだ・・・」と。






そう、実は先週の週末は
MUSIC CITY 天神2011 なるイベントが有ったのだ。知らなかった・・・
http://www.musiccitytenjin.com/




うお!土曜日は風味堂が来てたのか!!クソー
なんて思いながらパンフレットを見る。

着いたのが夕方だったのでほとんど終わっていたけどいくらか聞きたい。
やはりひねくれている僕はJAZZをやっている会場へ。



IMG_0234.jpg


この写真じゃもう終わっていたけど、crossload jazz crub という若者のバンドをやっていた。


どんな曲やるのかなあと思ったらいきなり Room335か!!!
シブイ・・・渋すぎる。いい!
しかもうまい。


いろいろテイクがあって締めはSPAIN!
ピアノの音が出ないという寂しいトラブルがあったものの、全体的に選曲が渋くてよかった。
メンバーのスキルは高いし、特に、女性ドラマー(特に最後2曲)素晴らしいキレだった。
うまし。



次は角松敏生のSealineとは高中正義のprumed bird やってよね!!!

ちなみに、2011年10月31日に1830〜定期演奏会があるそう。
注目ですね。















































で、隣の大きいホール横切ってたらなかなかいい曲だなあと思って近づいて聞いてみた。
高橋優というアーティストらしい。
飾らない素朴な感じだけれど、素直な音楽とパフォーマンスに好感を感じました。































そうして演奏も終わり、そろそろ帰ろうかとパンフレットを再び見ると・・・



オイーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
今日植松伸夫氏の講演会してるのかよ!!

テーマは「作曲家にゲーム音楽作曲家を目指す人へ」だと・・・


なんで知らなかったんだ・・・
もうとっくに始まってるし・・・



しかも、聴講には予め葉書で応募または予め整理券がいるとのこと・・・


なんてこった・・・



普通の人なら諦めるかもしれない・・・















俺はしぶといのだ!





















いくしかねえ・・・


そう思った俺は会場に猛ダッシュした。




























ダメ元で公演会場に行く。
おおお!!窓越しに植松氏がいる!!




僕はFF6が特に好きで特にそのストーリー性もさることながら、BGMの素晴らしさを小学校の頃から感じていた。
サントラはもとより、高校生の時はFF6のBGMを着メロにもしてたし、よく歌っていた。





その植松氏に会えるチャンスがあったというに・・・・OTL










すこしばかり窓越しに眺めてたら僕は係員の人に話しかけられた。

「あの・・・聞いていかれます?」






オイイイイイイイイイイイイイイ
YESYESYES!




もちろんじゃないっすか!!



講義は中盤から聞くことができた。



目の前に植松氏がいる。
しかも音楽について語っている。



素晴らしすぎる。



感動だ。





























いろいろ苦労話とか、今の音楽のあり方を語っていただいた。

そのあとは質疑応答が。



なんと僕はなんのためらいもなく手を上げていた。



最近作曲しても自分の手癖がいつも出てしまう。
だから自分節が炸裂で目新しくなく面白くない。

かと言って新しい試みをするのも難しいし試みても受けない曲が更に受けない。

ましてや、俺が作った音楽は一体誰に聴かせるために作っているのかと思っていた。
ただのオナニーに俺は時間を費やしているのか・・・




そんな気持ちを抱えたまま講演会に後半から乱入し、挙句の果てに
つい憧れの作曲者である植松氏に僕の疑問の一つをぶつけてみた・・・・






回答多くのコメントを頂いてずいぶん長かった。







一番自分が考えさせられたのはその中でも
「結局感覚の鋭敏な子供の頃の感動体験を音楽で次の世代に使えるために表現している」





どういう意味かはなんとなくわかっているかもしれないけど、それが正しいのかわからないので今も考え中であるとする。








・・・いずれにせよ非常に有意義な時間だった。







最後はサイン会。
















ここはもらうしかない。
IMG_0237.jpg

















会場をあとにする時、一緒に公演を聞いていた方とお話をすることができた。
その方は映像のプロを目指しているらしい。

ぜひ頑張っていつかは業界で活躍して欲しいなあと思う。

















俺?
















講演終わって速攻で研究室に戻って実験しましたよ。ええ・・・











でも、やっぱり音楽は切れないな・・・
  1. 2011/10/04(火) 02:05:29|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011 京都大阪旅行!④

いよいよ最終日。



IMG_0016_R.jpg

早めの昼ごはんをつけ鴨うどんで食す。
大盛りで780円也。
つけ汁が濃厚で、かと言って後味は決してくどくなくてどんどん食べられる。
また、レモンの酸味がアクセントとなっていて良い。
出汁は甘め。
うどんは冷で食べたのだけれど、出汁が最後のほうで冷えてしまうのでアツのほうがいいかもしれない。
最後は余ったつけ汁を左上に入っている生姜湯で割って飲む。
これが意外とほっとする美味しさ。





















さて、今日の目的はなんといっても日本橋。














IMG_0574_R.jpg

とりあえずソフマップにあるDTMコーナーに行く。
すると!!!
残念ながらDTMコーナーが縮小している!!!orz
これは悲しい・・・

しかし、DTMに詳しい店員さんがいたので有意義な話をがっつりすることができた。














IMG_0003_R.jpg

OAシステムプラザの看板は懐かしい・・・
地元にも昔あったっけ・・・














IMG_0004_R.jpg

ジャンクパーツあさりをした後は以前より興味があった音響専門店 PRO CABLE(プロケーブル)へ。
外でも聞けるようなセットが組まれていた。(JAZZが流れていた)
中にはリスニングルームがあり、セッティングは以下のとおり。
スピーカーはEV(エレクトロボイス)
アンプはCROWM D-45
プリアンプ(ミキサー)にヒュース&ケトナー
オーディオプレーヤーはデスクトップのMac Pro


試聴した感想・・・(あくまでも個人的な意見です。)
音の輪郭はかなり柔らかいように感じます。
低音はJBLの4429と比べると控えめです。
JAZZやクラシックの昔の音源を聞くにはいいのではないでしょうか。
とにかく聞き疲れしにくそうな中音域に特徴がある優しい音色だったように思います。
したがって、作曲を作るという立場では選択しにくいのでは無いでしょうか。

少なくとも友人宅にあるGENELECのS30Cと比較するとその解像感の差は歴然としていると感じました。
(値段が大きく違いますが・・・)

要はリスニング用だと思います。














IMG_0579_R.jpg
歩き続けると腹減った。
ミレニアム・・・!?













IMG_0585_R.jpg

気がつけば陽は落ち・・・
心斎橋のKEYや石橋楽器にも行き、やってみたいと思っているDJのパフォーマンスの話もし・・・・















IMG_0022_R.jpg

NU茶屋町のイシバシ楽器店ではRolandから新しく出たJupitor-80のデモンストレーションをストリーミング配信してました。
現行のシンセサイザーではフラッグシップなので気合が入っています。
音色も良いのは当たり前ですが、ボタンが豊富であることからインターフェースの階層構造が深くなさそうでライブでの使い易い印象を受けました。

こういうオールインワンのシンセサイザーは大体何かしらの音源でよく聞く”ような”音色は
大抵入っているのがいいですね。

結構高いんだよなあ・・・

KORGのOASYSみたいになってるんじゃないかと僕は心配しているのですが・・・














IMG_0026_R.jpg

というわけで、終わりです。
充実した旅行でした。
やっぱり大阪は開放感があっていいですね。
一度は住んでみたい・・・



  1. 2011/10/02(日) 16:18:58|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Tetsuhiko

Author:Tetsuhiko
音楽など趣味を綴っています。
音楽サークル、Groove Factory Smoozie で活動してます!
http://smoozie.web.fc2.com/
宜しくおねがいしますね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
雑談 (2)
JAZZ (4)
音楽機材 (8)
日記 (11)
youtube (6)
考え方 (1)
旅行記 (9)
PC関連 (3)
作曲 (21)
サークル活動 (4)
写真記 (3)
時計 (4)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。